読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Game_life_company’s diary

趣味が多めでゲーム中心の人間の雑記

C言語 プログラミング演習 #6 「複合文」

はい!!

では、早速やっていきましょう。

前回の続きからなので、

演習からになりマッス。

 

 

演習3-6

「三つの整数値を読み込んで、その最小値を求めて表示するプログラムを作成せよ。」

*if文を使用すること

---------------------------------------------------------------------

#include<stdio.h>
int main(void)
{
int n1,n2,n3;
int min;

printf("三つの整数値を入力してください。\n");

printf("整数1:");
scanf("%d",&n1);

printf("整数2:");
scanf("%d",&n2);

printf("整数3:");
scanf("%d",&n3);

min=n1;

if(min>n2)
min=n2;
if(min>n3)
min=n3;


printf("最小値は%dです。\n",min);
return 0;

}

 

----------------------------------------------------------------------------

三つの整数値を入力してください。

整数1:33

整数2:22

整数3:11

最小値は11です。

 

となりました。

 

演習3-7

「四つの整数値を読み込んで、その最大値を求めて表示するプログラムを作成せよ。」

*if文を使用すること

--------------------------------------------------------------------------------

#include<stdio.h>
int main(void)
{
int n1,n2,n3,n4;
int max;

printf("三つの整数値を入力してください。\n");

printf("整数1:");
scanf("%d",&n1);

printf("整数2:");
scanf("%d",&n2);

printf("整数3:");
scanf("%d",&n3);

printf("整数4:");
scanf("%d",&n4);

max=n1;

if(max<n2)
max=n2;
if(max<n3)
max=n3;
if(max<n4)
max=n4;


printf("最大値は%dです。\n",max);
return 0;

}



-------------------------------------------------------------------

4つの整数値を入力してください。

整数1:54

整数2:32

整数3:66

整数4:53

最大値は66です。

となりました。

 

演習3-8

「読み込んだ二つの整数値の差をif文を用いてプログラムせよ。」

----------------------------------------

#include<stdio.h>
int main(void)
{
int n1,n2;

printf("二つの整数値を入力してください。\n");

printf("整数1:");
scanf("%d",&n1);

printf("整数2:");
scanf("%d",&n2);

if(n1>n2)
printf("それらの差は%dです。\n",n1-n2);
else
printf("それらの差は%dです。\n",n2-n1);

return 0;
}

-------------------------------------------------------------

整数1:4

整数2:3

それらの差は1です。

 

演習3-9

「演習3-6の問題をif文ではなく、条件演算子を用いて書き換えよ」

--------------------------------------------------------

#include<stdio.h>
int main(void)
{
int n1,n2,n3;
int min;

printf("3つの整数値を入力してください。\n");

printf("整数1:");
scanf("%d",&n1);

printf("整数2:");
scanf("%d",&n2);

printf("整数3:");
scanf("%d",&n3);


min=(n1<n2)?n1:n2;

printf("最小値は%dです。\n",(min<n3)?min:n3);




return 0;

}

-------------------------------------------------------------------------

3つの整数値を入力してください。

整数1:3

整数2:6

整数3:1

最小値は1です。

となりました。

 

 

「論理演算子

条件などに使われるもので、&&(かつ)や||(または)があります。

 

演習3-10

「三つの整数値を入力し、幾つ等しい数があるか表示するプログラムを作成せよ。」

----------------------------------------------------------------------------------------------

#include<stdio.h>
int main(void)
{
int n1,n2,n3;

puts("三つの整数を入力してください。");

printf("整数1:");
scanf("%d",&n1);

printf("整数2:");
scanf("%d",&n2);

printf("整数3:");
scanf("%d",&n3);


if(n1==n2&&n2==n3&&n3==n1){
puts("三つの数が等しいです。");

}else if(n1==n2||n2==n3||n1==n3){
puts("二つの数が等しいです。");

}else
puts("三つの数が異なります。");


return 0;
}

 

-------------------------------------------------------------------

三つの整数を入力してください。

整数1:11

整数2:11

整数3:22

二つの数が等しいです。

となります。

 

演習3-11

「二つの差が5以下か以上か論理演算子を用いて、表示するプログラムを作成せよ。」

----------------------------------------------------------------------------------

#include<stdio.h>
int main(void)
{
int n1,n2;

int a;

puts("二つの整数値を入力してください。");

printf("整数値1:");
scanf("%d",&n1);

printf("整数値2:");
scanf("%d",&n2);

a=n1-n2;
if(a<5&&-5>a)
puts("二つの差は5未満です。");
else
puts("二つの差は5以上です。");

return 0;
}

 

 

------------------------------------------------------------------

二つの整数値を入力してください。

整数値1:13

整数値2:4

二つの差は5以上です。

となります。

今回は以上で終わります。

お疲れ様でしたー